レッドスターズ 試合結果詳細
(最終更新日:2018/6/26 12:3)

試合日2018年06月23日 第2試合目
年度・主催2018年度 レッドスターズ主催
大会・回戦・グランド練習試合 郷土の森第二野球場
チーム名1234567total
レッドスターズ133403115
ゴールデンブラザーズ12100004
先攻バッテリー安次富 加藤−米谷
後攻バッテリー
長打(二)大塚 (本)助っ人A 《安打数:10本》
内容ゴールデンブラザーズさんとの2試合目。

連敗だけは避けたいレッドスターズの先発は、レッドスターズ4番目の長老あじおさんが先発。

相手チームが超強力打線の時には?=あじおボール!というキャッチコピーは、通販で言う【高枝切りばさみ】と同じくらい、今やレッドスターズの常識であります。




ということで、プレイボール☆



1試合目とは異なり、いきなり点取り合戦の様相。

あじおボールにしっかり対応するゴールデンブラザーズさんの打線、それにヒケを取らないレッドスターズ打線。

初回は、長倉さんのタイムリーで先制。


同点に追い付かれた直後の2回には!

柳楽さんの、満塁走者一掃のセンターオーバー☆タイムリーヒット。
※【中安B】という、なかなか見られない珍しい記録を残しました。

それにしても、マネージャーが満塁走者一掃のタイムリーを打つって、かなり貴重なナイスバッティングシーンでした。



3イニングを終えて、【7-4】とレッドスターズがリードするも、先が見えない試合展開。


その後あじおさんが4回を無失点に抑えると、二番手は、なぜか味方の勝利投手の権利を剥奪したがるクローザー☆加藤さんの登場。


クローザーのお決まり文句「あと何点取られれば勝利投手の権利奪えますか?」

と、味方を恐怖に陥れると同時に鳴り出す登場テーマ【♪ゾンビネーション】は、文字通りゾンビのように恐ろしいわけであります。


が、さすがのピッチングで5〜7回を無失点でキッチリ抑えます。


その間にも、助っ人さんや米谷さんのナイスタイムリー、大塚さんのナイスタイムリー&ナイスプレー、久保田さんのナイスグラサン👓と、好プレー続出でムードは最高潮。


そして、この日、新たにチームに加わった【チームバット】は、早くもナニワ金融道のグラサン👓のお方が、【トイチ=年利365%】とばかりに、差し押さえてしまいました。


そんなこんなで☔の中、楽しい試合は結果的に【15-4】と快勝しました。



(#26)

打撃成績

打順守備位置選手名1234567打点盗塁盗失得点失策美技
1遊撃手加藤(16)四球三振四球左飛左飛000100
2右翼手助っ人B(96)二ゴ000100
3三塁手助っ人A(95)三安四球中安左本@左安@200100
4DH長倉(9)二安@三併四球@四球三ゴ230200
5中堅手吉永(圭)(12)一ゴ四球三振二飛030100
6捕手米谷(10)三ゴ四球右安@遊失120300
7左翼手大塚(8)四球投失四球右2A210202
8投手安次富(20)四球四球四球@遊ゴ100100
9一塁手廣田(81)右飛四球四球@投ゴ100000
10DH久保田(7)四球四球@三ゴ中安110200
11二塁手柳楽(39)中安B三振遊飛三振300000
12DH増渕(26)中飛四球三ゴ中安000100

投手成績

投手名イニング数自責点失点三振四球死球被安被本投球数暴投勝敗
安次富(20) 4回341107168
加藤(16) 3回003002049セーブ


Websb3 Ver.3.3.0
LicenseNo:30211