レッドスターズ 試合結果詳細
(最終更新日:2018/3/17 13:1)

試合日2018年03月11日 第1試合目
年度・主催2018年度 レッドスターズ主催
大会・回戦・グランド練習試合 是政一般野球場
チーム名1234567total
壬生狼10000809
レッドスターズ20000013
先攻バッテリー
後攻バッテリー増渕 植野−米谷
長打(二)廣田 (本)畑屋 《安打数:5本》
内容今回が初対戦となる壬生狼さん。

今回の記者は#26ぶちが担当させていただきます。

実を申しますと、前日に壬生狼さんのデータを叩き込もうと、HPを閲覧しました。

閲覧し始めて3分後。。。


「見ないほうが良かった(>_<)」


戦績の凄さをを見て、「こ、これはとてつもなく強い」というのが、第一印象でした。



突然ですが、西武時代の松坂大輔投手の有名な台詞といえば。

「自信が確信に変わりました。」(⬅松坂大輔)




今日、実際に壬生狼さんをグランドで目の当たりにして一言。

「不安が確信に変わりました。」(⬅ぶち)




ということで、プレイボール。


レッドスターズ先発は、ぶち。上位打線のスイングの鋭さに驚きましたが、なんとか1失点で凌ぎます。


その裏、本格派の相手投手に手も足も出ないことが予想されるも、制球に苦しんでいた隙にキャップの押し出しフォアボールと、#6くんのタイムリーで、早くも逆転!


その後は、両チームお互いに5回まで0点と緊張感のある試合展開に。


守りでもサード#6くん、助っ人田中さんのファインプレーが光りました。


とにかく壬生狼さんの打線は、全員スイングが鋭くて1歩間違えれば、大量点を取られ大怪我を負う危険性大でした。


そんな中、ぶちはなんとか5回1失点で切り抜けられたので、良かったです。。



が、6回から遂に壬生狼さん打線がお目覚め。


この日、お寝坊#14くんに【超強力☆目覚まし時計】ばりの打者一巡の猛攻をプレゼントします。


眠れる獅子を起こしてしまった#14くん、今度は獅子ではなく自分を起こしてね〜!という強力なメッセージをいただきました。



6回はベンチから見ていて、少しでも高さが甘いストライクは確実にミートする壬生狼さん。凄かったです。



そして最終回、キャップからの「7点取ってひっくり返すよ」のお声。


それに呼応するように、#23さんの右越え大ホームランで、流れが向きかけ6点差。


今日も伝家の宝刀【ダイヤモンドアーム】で絶好調だった#18さんまで回せば何かが起こる!とベンチが予言していたら、本当に打順が巡ってきます。



何かが起こる!

その答えは!

最後の打者となり、ゲームセット!

やはり#18さんは「持っている男」でありました。



そんなこんなで、終わってみれば3-9で負けましたが、また一つ強豪相手に良い経験が出来たと思います。



これが公式戦にも繋がるといいですねー。


#26

打撃成績

打順守備位置選手名1234567打点盗塁盗失得点失策美技
1一塁手 田中(100)三ゴ三振四球四球000001
2二塁手百瀬(18)四球二ゴ投ゴ遊ゴ000100
3遊撃手大塚(8)四球三振三安000100
4投手増渕(26)四球四球三ゴ000000
5捕手米谷(10)四球@投ゴ遊飛100000
6三塁手広地(6)右安@右安投ゴ100001
7DH長倉(9)三振000000
8中堅手加藤(16)二ゴ遊併三振000000
9左翼手畑屋(23)一ゴ中飛右本@100100
10右翼手廣田(81)四球三ゴ右2010000
11DH植野(14)三ゴ三振遊ゴ000000

投手成績

投手名イニング数自責点失点三振四球死球被安被本投球数暴投勝敗
増渕(26) 5回113205092-
植野(14) 2回880317065


Websb3 Ver.3.3.0
LicenseNo:30211