レッドスターズ 試合結果詳細
(最終更新日:2017/8/7 15:2)

試合日2017年08月06日 第1試合目
年度・主催2017年度 府中市軟式野球連盟主催
大会・回戦・グランド公式戦 郷土の森第二野球場
チーム名12345678total
仙人002000125
レッドスターズ110100003
先攻バッテリー
後攻バッテリー増渕 広地−米谷
長打(三)高萩 《安打数:6本》
内容選抜甲子園大会決勝 須見工 対 光北学園
新田明男のエラーによる失点で、須見工準優勝に終わる

南 「あの新田君でも緊張したのかな」
達 『エラーをしたことのない奴なんていねーよ
   新田にとっては、それがたまたまあの場面だっただけだ』


府中市軟式野球大会3戦目、とっても強い仙人さんとの対戦。
顧問と監督の不在の中、どこまでくらいつけるか。

我々の前の試合、炎天下の中0-0のままタイブレークで
2-3でサヨナラという熱戦が繰り広げられる。

で、ようやく我々の試合となる。
先発は夏のローカル開催にも照準をあわせてきた
静かなるドン・ぶちさん。
しかし暑い。がんばれぶちさん!

仙人さんは、1番から9番までみんな飛ばす飛ばす。
それでも好守とぶちさんの粘りのピッチングで
3-2とレッドスターズのリードで最終回を迎える。

6回の表の仙人さんの攻撃の時は、ぶちさんにしては珍しく
死球を2つ出し、ノーアウト1・2塁というピンチを迎えるも
なんとかしのぎきる。

が、さすが仙人さんは手ごわく、土壇場の7回に同点に追いつかれ
前の試合に引き続き、我々の試合もノーアウト満塁から開始という
タイブレークにもつれ込む。

ここで疲労ピークのぶちさんに代わり
広地くんがマウンドにあがり、ファーストを守っていた大塚さんが
サードに入り、ぶちさんがファーストに入る。

広地くん、さすがのピッチングで
先頭バッターをピッチャーゴロでゲッツーにしとめる。
次のバッターをサードゴロでしとめた・・・と思った所で不運が。

前の試合、この試合と、炎天下の中、連続のタイブレークと
いろいろと事情があったのかもしれないなぁ。
その裏の我々の攻撃は、いろいろありまして無念の敗戦。
詳細は参加者に聞いてくださいませ。

2回表の仙人さんの攻撃の時、先頭バッターが
判定微妙ながらショートゴロでアウトになった時
その方の帰り際「今のはセーフでしょうね」と私が言いましたら
先方「審判の言うことは絶対ですから」と苦笑い。

人間のやることですからね、いろいろありますよね。

PS
試合終了後、A面裏の水道で顔を洗おうとしましたところ
脇で審判の方が一人倒れておりました。
どうしたのかと声をかけました所、両足が吊ってしまったとのこと。
藤川さんと二人で対応し、集まってきた他の審判の方々に引継ぎ。
まぁ、それくらいハードな気候の下だったってことですね。
(#20)

打撃成績

打順守備位置選手名12345678打点盗塁盗失得点失策美技
1遊撃手高萩(21)遊安中3@三振三振三振110100
2右翼手大塚(8)一安遊直二失死球右飛000001
3三塁手広地(6)遊ゴ@死球遊ゴ一飛三振100000
4捕手米谷(10)三ゴ三振三振中飛000000
5左翼手畑屋(23)中安二ゴ右安右飛000000
6中堅手志村(2)一ゴ二ゴ三飛000001
7一塁手丹羽(28)三振三振000001
-右翼手安次富(20)三ゴ000001
8二塁手藤川(5)三失右安遊飛010200
9投手増渕(26)一飛四球三振010000

投手成績

投手名イニング数自責点失点三振四球死球被安被本投球数暴投勝敗
増渕(26) 7回3312370120-
広地(6) 1回020000014-


Websb3 Ver.3.3.0
LicenseNo:30211