レッドスターズ 試合結果詳細
(最終更新日:2017/3/5 23:9)

試合日2017年02月18日 第1試合目
年度・主催2017年度 レッドスターズ主催
大会・回戦・グランド練習試合 住吉野球場
チーム名123456789total
ゴールデンブラザーズ1000000124
レッドスターズ0000110103
先攻バッテリー
後攻バッテリー広地 高萩−志村
長打(二)久保田 米谷 《安打数:3本》
内容
16時終わり 住吉 =や台ずし 1ヶ月前から楽しみにしておりました

年末に2連敗を喫したゴールデンブラザーズさんにリベンジをするため、試合前練習を行い試合に臨みました!
初回先頭打者にツーベースを打たれ、その後乱れた投球により進塁を許し、
ピーゴロの間に先制点を許します。
初回のハイライト:ぴょんが寝てました

相手先発は年末にやられた、キレのいいストレートとスライダーを操る好投手。
ちょっといい投手が出てくるととたんに打線もベンチも沈黙するスターズ。
よねさんの今期初安打が出た以外なんの抵抗もなく試合は進みます。
無抵抗な攻撃のハイライト:久保田さんが華麗なバッティングでライトゴロされました

序盤の先発ピチは、棒球(真っ直ぐのつもり)と棒球(変化球のつもり)を、ほぼ全て真ん中に集め、捕手志村さんは笑ってましたが、なんとか追加点は許さず
軟式なんてとりあえずストライク投げとけばいいんだよはぎすけ

5回の攻撃にてツーアウト1、3塁から、相手捕手の返球間に志村さんのホームスチールが決まり同点!いつぞやのオールスターの新庄を彷彿とさせました
相手捕手が矢野ほど不服そうにしてないくらい完全セーフの素晴らしい走塁でした

同点直後の6回表は鈴木さんのファインプレーや、志村さんのファインプレーもありサクサク。
その裏、久保田さんのライト方向への飛球でチャンスを作り、米谷さんの犠牲フライで勝ち越し!!

7、8回何故か、やっとエンジンがかかってきたピチは守備の乱れもあったが再三のピンチをなんとか1失点で切り抜けます。

そして同点の8回裏、チャラ王廣田が相手のスライダーを捉えメイクすると、進塁打王馬場さんが勝ち越し四球を選び1点リードとなります。

1点リードの9回表、マウンドに上がったのは、守護神候補高萩!
長倉監督は「高萩が投手として計算できるようになってくれればチームに厚みが増す」と期待を込めて送り出しました。
先頭打者をファーストゴロに打ち取り、一塁ベースへのカバーも最高!
全員が新守護神の誕生を確信しました。
が、まぁその後ストライクが入らず、安打なしで2失点しジ・エンド。
困ったら全部真ん中投げとけばいいのにw

1点差で裏の攻撃。攻撃が始まる直前、波照間選手が「俺の前に一人でもランナーがいたらサヨナラホームランを打つ」と宣言。
ツーアウトより、長倉さんが渾身の振り逃げ(足速かった)で出塁。
波照間さんがサヨナラホームラン打ったら、あのノーコンが勝利投手かダルッと思ってたら、ピーゴロで試合終了。

まぁそんなこんなで色々あった1試合目は終了。
リベンジは2試合目に持ち越しとなりました

試合後は、久保田さん(早め帰宅)、米谷さん、高萩さん、高山さんと遅くまで寿司飲みできて僕は満足!住吉の神の住吉防御率はまた下がりました。
(#6)

打撃成績

打順守備位置選手名123456789打点盗塁盗失得点失策美技
1二塁手 助っ人(97)三振三振三飛000000
2中堅手廣田(4)二ゴ三ゴ左安020100
3DH鈴木(25)遊飛中飛四球010001
4左翼手畑屋(23)三ゴ右飛三振000000
5捕手志村(2)三振四球三振020102
6遊撃手高萩(21)三ゴ四球四球000000
7右翼手馬場(88)二ゴ投ゴ四球@100000
8一塁手久保田(7)右ゴ右2遊ゴ000100
9DH米谷(10)右2中犠@三振110000
10投手広地(6)三飛三飛遊ゴ000000
11三塁手長倉(9)投ゴ三振振逃020000
12DH波照間(11)三振投ゴ000000

投手成績

投手名イニング数自責点失点三振四球死球被安被本投球数暴投勝敗
広地(6) 8回023105096-
高萩(21) 1回221400040


Websb3 Ver.3.3.0
LicenseNo:30211