レッドスターズ 試合結果詳細
(最終更新日:2017/2/20 23:35)

試合日2017年01月22日 第1試合目
年度・主催2017年度 レッドスターズ主催
大会・回戦・グランド練習試合 住吉野球場
チーム名123456789total
The 9 Monkeys0001000001
レッドスターズ10010001X3
先攻バッテリー
後攻バッテリー広地 増渕 加藤−米谷 大塚
長打(本)長倉 《安打数:5本》
内容
ゆく川の流れは絶えずして しかももとの水にあらず。
よどみに浮かぶうたかたは かつ消えかつ結びて
久しくとどまりたるためしなし。
世の中にある人とすみかと またかくのごとし。

 流れていく川の流れは絶えることなく
 それでいて同じもとの水ではない。
 よどんだところに浮かぶ水の泡は、一方では消え他方にできて
 いつまでも同じ状態を保つという例はない。
 世の中に生きている人と住居は、またこのようなものである。
  −方丈記−

さて、レッドスターズも10年目に入り
今年から長倉監督のもとでの新体制とあいなりました。

今年の開幕戦も昨年同様15名もの参加となり、ありがたいことです。

創世期のメンツも
「久保田・米谷・丹羽・増渕・あじお」と名を連ねており
「もとの水にあらず」の中で、老眼に苦しむうたかたとして
存在をアピールしております。
アダルトを卒業し、レッドスターズシルバーの創設も間近か?(笑)


2年連続で開幕投手は広地くん。
安定力抜群のピッチングで、強打の The 9 Monkeysさんを
5回1失点に抑える。今年はぜひ防御率0点代の達成を!

2-1の6回からは、放牧開けの静かなるドン・ぶちさんがマウンドへ。
持前の安定したピッチングは、放牧開けにもかかわらず健在で
3回をきっちり抑える。今年は沢村賞を目指してください!

3-1の最終回、殺人牽制球の使い手・加藤さんがマウンドに立ち
三者連続三振で見事に締めくくる。目指せ年度代表馬!

先発・中継ぎ・抑えの、なんとも贅沢な黄金リレーで開幕戦勝利。


一方、打つほうですが、初回先頭打者のくぼちん、投失で見事に出塁。
本人はヒットの主張も、今年から判定は厳しくなったのです。
今期チーム初ヒットは、続く長倉さんに見事にかっさらわれる。

打線のほうは The 9 Monkeysさんのこまめな継投に見事にしてやられ
長倉さんの大活躍以外は沈黙といった感じ。
今後の奮起に要期待。


あっ、私あじおですが、毎年シーズン初戦(だけ)は好調で
今回も今のところ長倉さんと肩を並べる打率10割。
このあとは毎年フリーフォールになるので、ここでいったん閉めません?
防御率も0.00だし(投げてないから(笑))

(#20)

打撃成績

打順守備位置選手名12345678打点盗塁盗失得点失策美技
1一塁手久保田(7)投失遊飛中飛000000
2三塁手長倉(9)中安左中本@死球130300
3投手広地(6)遊ゴ左安一飛000000
4捕手米谷(10)左飛三ゴ三ゴ000000
5左翼手松田(13)三失右安遊ゴ000000
6DH丹羽(28)一飛一飛000000
7中堅手安次富(20)左安四球000000
8遊撃手藤川(5)三ゴ投飛001000
9右翼手森田(15)三ゴ三振000000
10DH鈴木(25)投飛四球000000
11二塁手大塚(8)捕飛三振000000
12DH加藤(16)投飛四球000000
13DH増渕(26)四球三ゴ000000
14DH波照間(11)三飛二直000000
15DH宇賀神(17)三ゴ三振000001

投手成績

投手名イニング数自責点失点三振四球死球被安被本投球数暴投勝敗
広地(6) 5回0130030730
増渕(26) 3回0030010550-
加藤(16) 1回0030000150セーブ


Websb3 Ver.3.3.0
LicenseNo:30211